交通事故の被害者になったら

交通事故交通事故は不意に起きるアクシデントであるため、未然に防ぐことは不可能です。もしも自分が事故の被害者になってしまったとき、どのような対応をしていかなければいけないのでしょうか。被害者側の立場で示談金までの道のりについて説明します。

車体同士がぶつかった車両事故であっても、目撃者がいたり街中についている防犯カメラを手掛かりに事故の全容が明らかになれば、どちらかが加害者で、もう片方は被害者であることが証明できるのです。

被害者になり、ケガなどを負えば入院することにもなるでしょう。事故を起こしたその日には、保険会社との連絡が取れている状態ですので、その後の加害者とのやり取りなど全てを担当してくれますし、入院に関する手続きなどを代行してくれることも行ってくれます。

被害者になり、入院まですると精神的にもダメージが大きくなります。今後の生活にも不安を抱いてしまいますし、身体の具合が良くなるまで仕事を長期で休まなければならず、残された家族にも心配をかけてしまい、自分でもどうしていいのか分からなくなって自暴自棄になってしまうことだって考えられます。

このような状態のなか、保険会社から示談金を提示されて、驚くほどの安さに更にビックリしてしまい激怒してしまう被害者の方もかなり多いようです。

自分が被害者になってしまったことで、さまざまな交渉を進めなければいけませんが、個人である自分と保険会社での話し合いでは、一向に話しが前進しないでしょう。そのような時には、弁護士に相談してみましょう。