弁護士介入がカギ

自分が被害者になった交通事故では、どうすれば納得のいく示談金を受け取ることができるのでしょうか。実は、被害者も加害者も自動車保険に加入しているのであれば、その内容を今一度確認してみましょう。

弁護士費用特約のページに弁護士費用の項目が書かれていれば、事故を引き起こした加害者も、自分のような被害者も弁護士費用を0円にすることができるかもしれません。月に数百円を保険料に上乗せするだけで、弁護士を雇うことができるのであれば、入っていたことを有難く思う瞬間でしょう。

このような特約を利用して弁護士に介入してもらうだけで、示談金が倍増するとも言われているのです。弁護士は今回の交通事故によく似ている判例を探すでしょう。その判例を参考にして、示談金の基準値を見つけ出すのです。保険会社から提示される額が200万円だとしたら、弁護士が介入しただけで、示談金の額が5倍以上の1000万円に近づくとされていますし、交渉自体もスムーズに進むことでしょう

たとえば、インターネットで弁護士を探すことも可能です。交通事故を専門に担当している事務所でしたら、過去の事例などから、どれくらいの示談金を受け取ることができるのか算出してくれるでしょう。弁護士に相談する際には、自分が加入している自動車保険に弁護士費用特約が付いていた旨を告げると話が早いでしょう。

【関連サイト】弁護士法人アディーレ