弁護士介入がカギ

自分が被害者になった交通事故では、どうすれば納得のいく示談金を受け取ることができるのでしょうか。実は、被害者も加害者も自動車保険に加入しているのであれば、その内容を今一度確認してみましょう。

弁護士費用特約のページに弁護士費用の項目が書かれていれば、事故を引き起こした加害者も、自分のような被害者も弁護士費用を0円にすることができるかもしれません。月に数百円を保険料に上乗せするだけで、弁護士を雇うことができるのであれば、入っていたことを有難く思う瞬間でしょう。

このような特約を利用して弁護士に介入してもらうだけで、示談金が倍増するとも言われているのです。弁護士は今回の交通事故によく似ている判例を探すでしょう。その判例を参考にして、示談金の基準値を見つけ出すのです。保険会社から提示される額が200万円だとしたら、弁護士が介入しただけで、示談金の額が5倍以上の1000万円に近づくとされていますし、交渉自体もスムーズに進むことでしょう

たとえば、インターネットで弁護士を探すことも可能です。交通事故を専門に担当している事務所でしたら、過去の事例などから、どれくらいの示談金を受け取ることができるのか算出してくれるでしょう。弁護士に相談する際には、自分が加入している自動車保険に弁護士費用特約が付いていた旨を告げると話が早いでしょう。

【関連サイト】弁護士法人アディーレ

示談金を提示されたけど

自分自身が交通事故の被害者になり、一家の大黒柱なのに働くこともできずにいれば生活の面でも金銭的に大変な状況に陥ってしまうでしょう。どのような保証をしてもらわなければならないかなど、ケガをしている自分では考えることもできずに全てを保険会社に任せてしまってもいいのでしょうか。

示談金病院での診断書や、警察の事故証明書などのほかにもいくつもの書類を作成して保険会社に提出しなければならず、大変な時期だけにかなりの労力を使うことも無理だと感じるはずです。交通事故でもどれだけの事故であったかにより過失の割合が決定します。この段階で示談交渉をしてくる加害者がいますが、提示された金額を受け取ってしまうとその時点で話し合いも終了してしまいます。

示談に持ち込むのか、あるいは弁護士を介入させて保証金の額を上乗せさせるのかにより今後の交渉も着実に前に進むことでしょう。

実は、保険会社だけの交渉と弁護士に相談した場合とでは、示談金にも大きな差が生じてきるのです。たとえば、一般的な示談金が200万円だったとするでしょう。この提示額で納得できれば書類にサインしてあとは口座に振り込まれるのを待つだけです。通院費用もしばらくの生活費も全てこの額に含まれているのです。これで本当にいいのでしょうか。

交通事故の被害者になったら

交通事故交通事故は不意に起きるアクシデントであるため、未然に防ぐことは不可能です。もしも自分が事故の被害者になってしまったとき、どのような対応をしていかなければいけないのでしょうか。被害者側の立場で示談金までの道のりについて説明します。

車体同士がぶつかった車両事故であっても、目撃者がいたり街中についている防犯カメラを手掛かりに事故の全容が明らかになれば、どちらかが加害者で、もう片方は被害者であることが証明できるのです。

被害者になり、ケガなどを負えば入院することにもなるでしょう。事故を起こしたその日には、保険会社との連絡が取れている状態ですので、その後の加害者とのやり取りなど全てを担当してくれますし、入院に関する手続きなどを代行してくれることも行ってくれます。

被害者になり、入院まですると精神的にもダメージが大きくなります。今後の生活にも不安を抱いてしまいますし、身体の具合が良くなるまで仕事を長期で休まなければならず、残された家族にも心配をかけてしまい、自分でもどうしていいのか分からなくなって自暴自棄になってしまうことだって考えられます。

このような状態のなか、保険会社から示談金を提示されて、驚くほどの安さに更にビックリしてしまい激怒してしまう被害者の方もかなり多いようです。

自分が被害者になってしまったことで、さまざまな交渉を進めなければいけませんが、個人である自分と保険会社での話し合いでは、一向に話しが前進しないでしょう。そのような時には、弁護士に相談してみましょう。